「ほっ」と。キャンペーン
2005年 04月 03日
オスカー・ニーマイヤー
このブラジルの建築家はすごすぎる。
フロリアノポリスを後にし、リオにむかう、その途中クリチバを経由したのだが。
この時はじめて、オスカー・ニーマイヤーという建築家の存在を知ることになる。
いつもどおり町散策をしていると、有名な美術館があると情報を得て、行くとすごい建築がたっていた。b0018304_2242013.jpgb0018304_2243066.jpg
[PR]

# by tomjapan12 | 2005-04-03 02:25 | viaje
2005年 03月 24日
立った、立った。おじいさんトムが一人で立ったよ~。
翌日も翌々日も、エメラルドのいい波の立つ海でサーフィンをした。何とか立てるようになる。
そんな生活のなかで宿のオーナーのイエテ一家、他の宿泊客、アクセサリ-売りのアルゼンチン人、なぜかずっとついてくる女の子。いろんな人と仲良くなる。こんな異国から来た日本人を気持ちよく受け入れてくれ。ゆっくりと時が流れるこの町は自分が昔からこの町にいたのかと思わせるぐらい居心地よく気持ちいいものだった。
夜、月食があったので近くにある入り江の浜で寝転がりながら様子を見ていた。夜空一面に広がる星々。月食で陰る月。よせてはひいてく波の音を聞きながら、いろいろなことを考えた夜だった。
b0018304_11473534.jpg

[PR]

# by tomjapan12 | 2005-03-24 11:49 | viaje
2005年 03月 22日
おれサーファー!!
翌朝外に出てみると美しい景色が広がる山に囲まれた青いビーチ、白い砂浜、空を飛ぶコンドル。想像していた景色。ちょ~気持ちいい。早速昨日聞いたサーフィンの世界大会を見に行く。すごい波がたってて、そこに挑むサーファーたち。そして目のやりどころにこまる水着を着たネーちゃんたち・・フーー。楽しかった。そこで自分の中で「サーファー=もてる」という式が出来上がる。そして宿に帰ってサーフィンを借り挑戦。日本でもまだ数えるほどしかしたことがなく、たつのもままならないぐらい。案の定、挫折。モテ男への挑戦はつづく!!
b0018304_1318438.jpg
b0018304_1319293.jpg
b0018304_13191337.jpg

[PR]

# by tomjapan12 | 2005-03-22 13:31 | viaje
2005年 03月 22日
ハイ、きたー!!
ポルト・アレグレで一泊して、フロリアノ・ポリスに向かう。
ブラジルの地図を見て、ここは絶対いかなきゃと思った。
南アメリカ大陸からひょこっと突き出た島、のようで島じゃない。
案の定、夏はリゾート地らしい。私が行ったのは夏前だったので人はまだまばら。
ですが泳げるぐらいに暖かくなっていた。
バス停に着くなり、宿の勧誘が来る。でも何も知らないで勢いで行くと失敗するので断る。
その後、情報を集めるとバハダラゴアがいいとみんないう。
そのころには勧誘してくるやつは誰もいなくなってた・・・そしてどうしていいのか途方にくれる。
そうしてると一人すごい胡散臭い男が声をかけてくる。宿を紹介してくれるという。
こいつに頼るしかない。が、ほんと胡散臭い。スロットをしながら説明してくる。彼の名はアレキサンドロ。あまり商売染みないなんかその気の抜け方が気に入った。バハダラゴアに脇はくさいがいいやつがいると冗談を言いながら宿を紹介してくれる。
バスの遅れで夜八時を過ぎてたので、そこに決め向かうことに。
宿の主、ずんぐりしたおばちゃんのイエテ。脇は匂わないが部屋はちとにおった。
だが親切で夕食に招待してくれた。他の部屋の常連客のバースデイパーティーだそうで。豪華な食事をご馳走になった。その常連客はウルグアイ人でサーファーだそうで、きくと、偶然近くのビーチでサーフィンの世界大会があるらしい。
[PR]

# by tomjapan12 | 2005-03-22 12:17 | viaje
2005年 03月 16日
脱モンテビデオ、プラジルへ!!
いよいよブラジルに向かう。ポルトアレグレ行きのバスに乗る!!
道のりだんだん緑が増え、ジャングル地帯になっていくのがわかる。
しばらくすると、何か匂う・・・これは、マリワナ・・・・私はやりませんが、そんなの南米ではあたり前、ってかバックパッカーの間では普通・・・・
でもバスの中でね・・・ちょっとこわもての男がトイレに入ってったと思ったら・・・我慢できねえのかよってはなしよね。隣の席の女の子たちが、「Que fuma!!」何吸ってんだっとジョークを飛ばす。プッて笑っちまった。
前途多難なブラジルは危ないにおいではじまった。
[PR]

# by tomjapan12 | 2005-03-16 03:40 | viaje
2005年 03月 15日
ブラジルビザゲッツ。が・・
ピリアノポリスからモンテビデオに戻る。早速、ブラジルビザを取りに行き。念願のビザ付きパスポートを返してもらう。そして、早々とブラジルに向かうため出発仕度。荷物を置いておいたホテルのホテル代も払えないぐらいキャッシュもほとんどそこをついたのでシティバンクにお金を下ろしに。。。がなぜか引き下ろし機が何度やっても使えない。そして、ワールドキャッシュカードは窓口では取引できない。昼休みだったが裏からシティバンクの人に会わせろと警備員に詰め寄る。警備員はうざがって、私がなかなか帰らないので、しょうがなく社員に連絡。その時の警備員がうるさい中国人が来てます、みたいな紹介をしたので私は客に対してなんだと、しかも国を間違えるなとぶち切れ。イライラは頂点に達していた。が社員の人も対応してくれず昼休みが終わったらという形でしか納得するしかなかった。が昼休み後も状況が改善することもなく。結局シティバンク側は緊急資金としていくらか貸してくれるという対応だけだった。 借金するのはいやなので、持っていた日本円をウルグアイペソに両替する。これがレートが悪い悪い・・・しかも考えるとウルグアイペソをあと使うのはホテル代とバス代ぐらい。その後はブラジルのヘアルに両替しなくては・・・・ここでまた手数料をとられる・・・大損だ...  最悪の一日だった。

他のところで聞いた話には、ウルグアイは通信技術が遅れてて、シティバンクに限らずvisaなども他の国との取引が使えなくなることが多いらしい・・・ちなみにその人は何度か挑戦したら出来たと・・・  私は運がないな、、、
[PR]

# by tomjapan12 | 2005-03-15 05:52 | viaje
2005年 03月 15日
人生一度の・・・
ビザがおりるまで、ウルグアイの隠れリゾート地ピリアノポリスという町にいく。ここはまだシーズン前だったからか静かな雰囲気でとても心を落ち着かせた。そしてその夜、すばらしい光景を目にした。地平線に沈む夕日をとろうと海岸でサンセットを待つ。予想通りサンセットは美しかった。その後も気持ちよかったので海岸でポーっとしていると何やら、波が打ち寄せる度にそこが光る。緑色の光だ。夜光虫だ。初めて夜光虫とであった。全体を見てみようと高いとこにあがる。その海岸は1キロ2キロある長~い海岸だった。そこを一キロ以上絶えることのない波が打ち寄せる。そして緑色の光も1キロ以上連なる。打ち寄せるたびに光る。美しすぎた。
翌日の夜も海岸でその光を待ったが現れなかった・・・運がよかったのだ。おそらくあれほどすばらしい光景はこの人生二度と見れないと思う。美しすぎた。
その光は写真にも現れず。ほんとにあったのか、幻だったのかとも思わせる・・
b0018304_512226.jpg
b0018304_512852.jpg
b0018304_5121564.jpg

[PR]

# by tomjapan12 | 2005-03-15 05:15 | viaje
2005年 03月 08日
Bush terrorista
港町コロニアを経由してウルグアイの首都モンテビデオに向かう。
モンテビデオではまず次に行く国ブラジルのビザを取らなくてはいけない。ブラジルは南米の中で数少ない観光でもビザが必要な国だ。だから何かと審査が厳しいのかと思い、気を引き締めて行くと、カウンターのおじさんは日本人は安全だからいいといい、特に何も聞かれることはなかった。ただビザ代50ドルと申請に2日かかるのはしっかり。。。。するとそこに以前パタゴニアで顔を合わせた程度の日本人に偶然会う。だが彼はうかない表情・・・聞くと、ほんの一時間ほど前に詐欺にあってきたらしい。現地人ぽい人が日本語で話しかけてきて昔日本人にお世話になったから恩返しがしたいといってきたらしい。で、そこで仲良くなり、サッカー見たくないかと持ちかけられチケットを買ってきてやるとお金をもらい、そのままとんずら。。。一見、詐欺だってわかるだろとか思うけど、しばらく日本語に触れない生活をしていて久しぶりに日本語をきくと親近感が沸いて、どうしても安心してしまうのかもしれない。 無論、私はこれでもかというぐらい疑う、だから今回無事に日本に帰国できたのかもしれない。ただ、旅中時々思った、自分が人を疑ってばかりでさびしいなと・・・もしかしたらむこうは本当に親切心で近寄ってくるのかもしれない、自分が楽しみをつかみ損ねているんじゃないかと・・・・。 この境界線はほんとに難しい・・
ただ大げさに言うと南米の人はアメリカを目の敵にして、アジア人をさげすんでる気がした。その思い込みが疑うことを生んだのかもしれない。
b0018304_346185.jpg

[PR]

# by tomjapan12 | 2005-03-08 04:17 | viaje
2005年 03月 07日
友とお別れ。
ウシュアイアで仲良くなったアントニオ、ファブリ、パキ、クルースと最後の晩餐をする。三日ぶりにあっただけなのになんか照れくさい。たぶんウシュアイアで予想以上に仲良くなってしまったからだろう。なぜ初めて会ったのにあんな意気投合してたのか不思議なくらい。たぶんその不思議な感じが照れくささをうんだんだと思う。この日も飲んでいたらいつの間にか朝になっていた。 別れ際、お互いの国での再会を約束して、ハグとキスでお別れをした。 翌日みんなはそれぞれの国へ、私は翌々日ウルグアイにフェリーで向かう。。。
[PR]

# by tomjapan12 | 2005-03-07 05:26 | viaje
2005年 03月 07日
アルゼンチンタンゴ
b0018304_4394289.jpg

アルゼンチンといえばタンゴ。と思いタンゴ発祥の地ボカ地区へ行ってみる。ボカはサッカーでも有名。日本の高原もボカに所属していたことがある。ボカは原色の色とりどりに塗られた家々(写真下)が並ぶ。多くのカフェやお土産屋が並び一見華やかに見える。しかし、この地区は貧困層が多く住んでいるので一つ裏の路地を行くとお金をせびる人もいて、雰囲気はあまりよろしくない。でもだから逆にそのハングリー精神がボカのサッカーを強くしたんだと勝手に私は解釈していた・・・
で、アルゼンチンタンゴ。これはやばい。アルゼンチンタンゴは足をたくみに使って、優美を表現する。美男美女が踊るとほんとにセクシーでかっこよくて見てるこちらがどきどきする。上の写真は広場で毎週日曜日に行われるパフォーマンスらしいのだが周りをすごい人が埋め尽くしてその可憐な技に見入っていた。
b0018304_4401577.jpg

[PR]

# by tomjapan12 | 2005-03-07 05:02 | viaje